オドルファイナル!

2012年9月12日

ダッ  ダッ ダッダ

 

ダーン!

1997年からつづいた踊る大捜査線。ファイナル見てきました。
http://www.odoru.com/

最後の記念にと、パンフレットを買ってみました。中身は思ったとおり大衆映画のそれだけど、湾岸署の封筒に入っていて、こういうちょっとしたサプライズがにくくてうれしかったです。

さて、内容の方は、安心して観れました!それが良い意味か悪い意味かというと、正直微妙なところ…。
CUT9月号の脚本の君原さんのインタビューで「今までお客さんに喜ばれたことを盛り込んだんだから、面白くないはずがない」というような内容があったのですが、なるほど〜とうなずきました。ああ「踊る」だなっていうところでは何も裏切られなかった。タイトルのところであの音楽が流れると、ワクワクする!映画館で、大音量できけて満足でした。

んー、あと疑問注文。なんで場面がクリスマスなのに今公開なんだろう。せっかくファイナルなんだから前後編に分けてもっと掘り下げてくれたら良かったのにな。すみれさんのシーンがもっと見たかった(その分懐かしいキャラクターがたくさん出てたけどね)、もっと青島との関係をはっきりさせてほしかったな。

ともあれ、「1」を高校生のときにクラスメイトと北見まで電車で行って見たな〜と思うとすごいことです。ほんとに。終わっちゃうのかなあ〜さみしいな。終わっちゃうのか?

あ、ドラマの再放送あるんですって!うれしい!きっちり録画します!
http://www.odoru.com/oa.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です