ステキな金縛り

2011年11月14日

「ステキな金縛り」観てきました!
http://www.sutekina-eiga.com/ 

三谷作品は、公開してまもなく劇場で観るようにしています。他の映画ならば上映終了間近のスカスカな席でみるのですが、必ず笑うところがあるとわかっているので、映画館で他人と共有したいと思ってしまうんですよね。なんだか。

役者はほんのちょっとした脇役もすごく豪華で、わざとらしくねらってやってるのわかってるんだけどみんな可笑しくって。それにこんなちょっとだけでもう出てこないの?っていうもったいない感じで笑わせるからずるいです(笑)。最後にはほっこり温かな気持ちになりますよ。

あとは、映画が始まってからタイトルバックまでの導入部分が、80年代の洋画グラフィック風ですてきでした。

 

パンフレット買いました。 内容はかなり盛りだくさんで、デザインも読みやすくて良いです。この表紙のクラシックな洋風の色使い。この少しくすんだ色が三谷カラーという気がします。

三谷幸喜監督作品「ステキな金縛り」

殺人事件の証人はただ一人。落ち武者の幽霊―。
失敗続きでもう後が無い新人弁護士エミに、ある被告人の弁護が持ち込まれる。資産家の妻殺しで捕まった男。だが彼にはアリバイがあった。なんと事件があった夜、彼は旅館の一室で金縛りにあっていたというのだ…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です