電子絵本「はるがくる」がアップデート!英語版のこと

2013年3月18日

3/1に電子絵本「はるがくる」がアップデート!
英語版が追加されました〜!

https://itunes.apple.com/jp/app/id487533327?mt=8  

image (2)

そして細かい部分ですが、単語と単語の間にスペースが入りました。
ことばを読みはじめたお子さまや、外国の方にもすこし読みやすくなったかと思います〜

英語圏の方にも読んでもらえるー!
勉強になるー!
グローバルー!

しかもそんじょそこらの翻訳じゃありません!

この物語は、言葉のリズムをたのしむ絵本。
英訳するにもリズムがないならやらない方が…と、一時は無理だとあきらめていたの英語版ですが、
同じように音をたのしんでもらえるようになっております!

image (3)

さて、こんなすてきな英語版。英訳は、札幌在住のアメリカ人のJake Edgeさんです。
Jakeもともと札幌に来てからのお友達でした。はじめは翻訳なんて考えてなくて、ただこのアプリを母国語が日本語ではない人がみたらどう思うのか知りたくて、思いあたったのが数少ないアメリカ人の彼。そんな理由でしばらくぶりに連絡したことがはじまりでした。

彼はとても気に入ってくれて、「英語版つくらないの?私できますよ!やりたい!」となんとその場で一つの場面を韻を踏んで訳してくれたのです!そしてこれはいける!とすぐにお願いして、一緒に作っていくことにしました。

それからというもの、毎週会社帰りにカフェを会議室にして話し合いをしました。
直訳をベースに、リズムのある単語を選んですりあわせていく。一文一語、できたものから細かいニュアンスを説明してもらいながら詰めていきました。

彼のすごいところは、じつにあたまが柔らかく、しかも妥協を知らないところでした。
やはり直訳ではリズムをとることがどうしてもむずかしい部分があります。 そんなときでもけしてあきらめずに、この場面の絵の中にヒントをみつけたんだ! 英語で有名な詩を引用してみたらいい感じだよ!早口言葉を考えちゃったよ!米国文化に置き換えてみたよ!例えば、子どもが服をよごしてママにあやまる場面があるけど、アメリカでは子どもはあやまらないからね(笑)!などなど…知識とユーモアをつぎこみ、本当にたくさんのセンスのよい工夫をしてくれました。
なので、翻訳というよりは、意訳。私の中では新しい作品が出来上がったような気持ちでもあります。

image (1)

そしてなにより原作をとっても大事にしてくれました。
作者のわたしの意図を理解して進めようと、わたしが納得いくまで詰めてくれました。この「はるがくる」を回数も含めて一番深く読み込んでくれたのは間違いなくJakeです。

そして英語版のはるがくる=Spring is Hereが生まれたのです〜。

そして、いつも陽気で明るい奥様Katya、 Jakeと一緒にたくさんはるがくるを読んでくれたやんちゃ息子のセルゲイくん (ごめんね、スペルわかんないや^^;)という すてきな家族だからできたのかなって思ってます!

ぜひ、彼の意訳作品「Spring is Here」を読んでみてくださいね!
どうぞよろしくお願いいたします!

iTunes App Store 「はるがくる」170円
https://itunes.apple.com/jp/app/id487533327?mt=8