オドルファイナル!

2012年9月12日

ダッ  ダッ ダッダ

 

ダーン!

1997年からつづいた踊る大捜査線。ファイナル見てきました。
http://www.odoru.com/

最後の記念にと、パンフレットを買ってみました。中身は思ったとおり大衆映画のそれだけど、湾岸署の封筒に入っていて、こういうちょっとしたサプライズがにくくてうれしかったです。

さて、内容の方は、安心して観れました!それが良い意味か悪い意味かというと、正直微妙なところ…。
CUT9月号の脚本の君原さんのインタビューで「今までお客さんに喜ばれたことを盛り込んだんだから、面白くないはずがない」というような内容があったのですが、なるほど〜とうなずきました。ああ「踊る」だなっていうところでは何も裏切られなかった。タイトルのところであの音楽が流れると、ワクワクする!映画館で、大音量できけて満足でした。

んー、あと疑問注文。なんで場面がクリスマスなのに今公開なんだろう。せっかくファイナルなんだから前後編に分けてもっと掘り下げてくれたら良かったのにな。すみれさんのシーンがもっと見たかった(その分懐かしいキャラクターがたくさん出てたけどね)、もっと青島との関係をはっきりさせてほしかったな。

ともあれ、「1」を高校生のときにクラスメイトと北見まで電車で行って見たな〜と思うとすごいことです。ほんとに。終わっちゃうのかなあ〜さみしいな。終わっちゃうのか?

あ、ドラマの再放送あるんですって!うれしい!きっちり録画します!
http://www.odoru.com/oa.html

夏の思い出2012 〜洞爺〜

2012年9月6日

あつい…あっついいいい。
もう9月なのに、北海道らしさはいずこへ。

さてずいぶんと更新が滞っておりましたが、この夏、わたしは遊びほうけて例年になくアクティブな夏を過ごしていました。

6月、今年一回目の野外フェス「LOVE TOYA」。
とても太陽が気持ちのいい日で、みんなでたっぷりと遊んだあと、草の上にごろんと寝転がって空だけを見ました。
次の日はびっくりするくらい体が軽くて、自然からパワーをもらったんだなあと実感しました。さっすが洞爺湖〜。パワースポットあなどりがたし。

 

LOVE TOYA

パスのデザインかわいい

 

LOVE TOYA2

TOYAの夕暮れ

 

東京新宿 舞台「荒木町ラプソディー」

2012年2月15日

先日、東京へ行ってきました。

目的は、佐々木譲さん原作の舞台「荒木町ラプソディー」を見に行くこと。

場所は新宿「SPECE雑遊」という100人ほどで満員になる大きさの劇場でした。幅5メートルの小さい舞台からランウェイのようなスロープがのびていて、観客席はそれを囲むようにコの字になってるという珍しい配置。役者さんのお芝居を目前で観劇することができました。

 

未解決の殺人事件を追う刑事。新宿荒木町を舞台に事件に絡む人間関係がひも解かれていく…。

舞台上には装飾するものはなくて、役者の周りを黒子がふかしぎなダンスを踊ったり、一瞬の間に今と昔、現実と(眠ったときにみる)夢の世界が入り交じって…一言で言うと、言葉ではない表現のしかた!とても刺激的で魅了され、しっかりと荒木町に取り込まれてしまいました。この体感、おもしろかった!普段舞台はあまり見たことなかったのですが、これを機にたくさん行って見たくなりました。

残念ながら、今回の舞台は早くも上演終了してしまいましたが、今年の11月に再演予定があるようです!
物語の舞台でお芝居をみるって、とてもわくわくします。また見たいです!

 

原作の佐々木譲さんにご招待いただき、今回貴重な体験をすることができました。ありがとうございました。しかしわたしはこんなときにも得意の方向音痴を発揮し、舞台開演5秒後にすべりこみで入るという大失態(泣)。本当にすいませんでした!

ついに電子絵本配信!

2011年12月21日

ついに、このニュースが、発表の日となりました!!!

Joh’s Picture Book Project 第2弾として原作に採用していただいた、
電子絵本「はるがくる」が12月20日から配信になりました!!
よろしくおねがいいたします〜。

▼詳細・ダウンロードはこちら。
http://www.jpbp.org/pc.html

真夏の7月に採用のお知らせをいただいてから、打ち合わせを重ね、はや5ヶ月。じ〜ん…
このプロジェクトに参加させていただき、そして完成まで尽力してくださったプロジェクトのみなさまへ感謝の気持ちでいっぱいです。
さあそしてもう速攻でダウンロードしたよと感想くれたお友達みんな…いいやつらめ!ありがとう!

書きたいことはいろいろあるのですが、取り急ぎ報告まで!

ぜひ感想をお寄せください!

望まぬ日常に埋もれるカスにはなるな。

2011年11月30日

映画「スマグラー」観ました。
http://wwws.warnerbros.co.jp/smuggler/index.html

石井克人監督の最新作です。漫画原作。鮫肌とかパーティセブンの、危なくてうすら可笑しい作品が好きな人におすすめ。血とか痛いの苦手な人はこころしてご覧ください。
ブログのタイトルにした「望まぬ日常に埋もれるカスにはなるな。」につきる。この男くさい台詞に、グッときました。

この映画は石井組に加えて、メジャーな俳優さんが出てますが、相変わらずキャラクターに愛着がわいてしまいます。松雪泰子、まさかの高嶋政宏‼配役完ぺき。そして安藤政信の伝説の殺し屋がめちゃんこかっこ良い!妻夫木聡も、らしくなくてよかったです。

パンフレットのデザインかっこ良いです!A5サイズでめずらしい大きさですが、その分ボリュームがありました。

20111130-000337.jpg

それにしても、妻夫木くんのこのCM。情けない役が続きましたね。似合ってる。こちらの配役もすごい(笑)