春を届けに

2013年5月7日

harukuruおもて

「はるがくる」のよみきかせ&親子イベント開催します!
5月18日(土)江別、19日(日)銭函の2daysです!!
お近くの方、ぜひお越しください。

はるがくるプロジェクト
北海道で感じる「春」って、ようやく長い冬を乗り越えて、わくわくしたり、やすらぎを感じるものですよね。 私たちは、そんな春を感じるデジタル絵本「はるがくる」のよみきかせを中心に、親子、家族が楽しめるイベントを企画しました。 先々を心配しないで、「いまを実感して生きるってすばらしい!」 だれも無理をせず、ただ楽しんでもらいたい。 そしてこの気持ちよさをパッケージして、よみきかせイベントを被災地へ届けることを目標としています。 大きなことをするつもりはありません。「よみきかせ=顔が見える近さ」の地域の小さな集まりから、 春のようなぽかぽかの気持ちをつなげていけたらと思っています。

 

 

●江別大麻会場プログラム「つくってあそんでわっはっは!」
絵本づくり
★みんなで体験!オリジナル絵本をつくろう!
★おもちゃのキンダーリープ号がやってくる!
★「はるがくる」英語版よみきかせ(英会話講師よる朗読&)

日 時 :5月18日(土) 13:00〜15:30頃まで(12:30開場)
定 員 :50名
持ち物 :はさみ・のり・色えんぴつ
材料費 :500円(乳児無料)ひと家族につき何名様でも最大1,200円
会 場 :ハイツセンターイングリッシュスクール
江別市大麻東町31-37 (JR大麻駅より徒歩約10分 大麻13丁目バスより徒歩1分)
駐車場15台

 

 

●銭函会場プログラム「こころづくり からだづくり」
岡野さんイメージ
★岡野眞規代さん講演「いのちとの出会い 赤ちゃんは光そのもの」
トネリコさんの「今ここを感じる」からだレッスン
★「はるがくる」日本語版よみきかせ(原作者による朗読)

日 時 :5月19日(日) 10:00〜12:30頃まで(9:30開場)
定 員 :30名
材料費 :1,000円(ハーブティー付・お子様無料)
会 場 :sunaie (スナイエ)
小樽市銭函3丁目390-8 (JR銭函駅より徒歩約15分 銭函海水浴場前バス亭前)
駐車場4台

 

両日、ハーブとアロマでリラックス空間づくり!
大麻・銭函の両会場で、リラックスしてもらえるようなオリジナルのハーブティーを作ります。 また、会場内をアロマの香りで満たします。楽しく穏やかなひと時をお過ごしください。
●米澤たまえさん/http://herbunbun.exblog.jp
北海道札幌市生まれ。楽しく生活に取り入れられるアロマのワークショップを不定期で開催しています。
JAMHA認定 メディカルハーブコーディネーター
AEAJ認定 アロマテラピーアドバイザー

 

両日のご予約・お問い合わせ———————————
mail: zenibako@sunaie.com
tel/fax: 011-386-6268 (ハイツセンター)

★ご予約の際は、
①住所
②参加者全員の氏名と年齢
③電話番号
④参加される日にち(江別5/18、銭函5/19) をお知らせください。
——————————————————–

 

 

●デジタル絵本「はるがくる」
直木賞作家・佐々木譲氏が中心となり、出身地である北海道の有志と共に
電子書籍の絵本を発行するプロジェクト「http://www.jpbp.org/」の第二弾作品。
★この作品の収益の一部は被災地の復興支援活動として使われます。
はるがくるAppダウンロードはApp storeにて。
shinshoufukei-1304-2

FIL 4/25号アップ!

2013年4月25日

札幌情報ウェブマガジン「FIL」更新しました!
今月も札幌のアート・イベント情報をチェックしてみてくださいね。

心象風景では、はるがくるプロジェクトについてもご紹介していただきました!
ぜひ読んでみてくださいね。

http://www.fil-sapporo.com/

top1304

電子絵本「はるがくる」がアップデート!英語版のこと

2013年3月18日

3/1に電子絵本「はるがくる」がアップデート!
英語版が追加されました〜!

https://itunes.apple.com/jp/app/id487533327?mt=8  

image (2)

そして細かい部分ですが、単語と単語の間にスペースが入りました。
ことばを読みはじめたお子さまや、外国の方にもすこし読みやすくなったかと思います〜

英語圏の方にも読んでもらえるー!
勉強になるー!
グローバルー!

しかもそんじょそこらの翻訳じゃありません!

この物語は、言葉のリズムをたのしむ絵本。
英訳するにもリズムがないならやらない方が…と、一時は無理だとあきらめていたの英語版ですが、
同じように音をたのしんでもらえるようになっております!

image (3)

さて、こんなすてきな英語版。英訳は、札幌在住のアメリカ人のJake Edgeさんです。
Jakeもともと札幌に来てからのお友達でした。はじめは翻訳なんて考えてなくて、ただこのアプリを母国語が日本語ではない人がみたらどう思うのか知りたくて、思いあたったのが数少ないアメリカ人の彼。そんな理由でしばらくぶりに連絡したことがはじまりでした。

彼はとても気に入ってくれて、「英語版つくらないの?私できますよ!やりたい!」となんとその場で一つの場面を韻を踏んで訳してくれたのです!そしてこれはいける!とすぐにお願いして、一緒に作っていくことにしました。

それからというもの、毎週会社帰りにカフェを会議室にして話し合いをしました。
直訳をベースに、リズムのある単語を選んですりあわせていく。一文一語、できたものから細かいニュアンスを説明してもらいながら詰めていきました。

彼のすごいところは、じつにあたまが柔らかく、しかも妥協を知らないところでした。
やはり直訳ではリズムをとることがどうしてもむずかしい部分があります。 そんなときでもけしてあきらめずに、この場面の絵の中にヒントをみつけたんだ! 英語で有名な詩を引用してみたらいい感じだよ!早口言葉を考えちゃったよ!米国文化に置き換えてみたよ!例えば、子どもが服をよごしてママにあやまる場面があるけど、アメリカでは子どもはあやまらないからね(笑)!などなど…知識とユーモアをつぎこみ、本当にたくさんのセンスのよい工夫をしてくれました。
なので、翻訳というよりは、意訳。私の中では新しい作品が出来上がったような気持ちでもあります。

image (1)

そしてなにより原作をとっても大事にしてくれました。
作者のわたしの意図を理解して進めようと、わたしが納得いくまで詰めてくれました。この「はるがくる」を回数も含めて一番深く読み込んでくれたのは間違いなくJakeです。

そして英語版のはるがくる=Spring is Hereが生まれたのです〜。

そして、いつも陽気で明るい奥様Katya、 Jakeと一緒にたくさんはるがくるを読んでくれたやんちゃ息子のセルゲイくん (ごめんね、スペルわかんないや^^;)という すてきな家族だからできたのかなって思ってます!

ぜひ、彼の意訳作品「Spring is Here」を読んでみてくださいね!
どうぞよろしくお願いいたします!

iTunes App Store 「はるがくる」170円
https://itunes.apple.com/jp/app/id487533327?mt=8 

FIL 2/25号アップ!

2013年2月25日

札幌情報ウェブマガジン「FIL」更新しました!
今月も札幌のアート・イベント情報をチェックしてみてくださいね。

http://www.fil-sapporo.com/

FIL 1/25号アップ!

2013年1月25日

札幌情報ウェブマガジン「FIL」更新しました!
今月も札幌のアート・イベント情報をチェックしてみてくださいね。

http://www.fil-sapporo.com/